NPOの広報担当者ならブックマークしておきたいウェブサイト

これまでもウェブサイトのまとめ記事をいくつか書いてきました。今回は、NPO/NGOの広報担当者、ファンドレイジング担当者ならぜひブックマークしておきたいウェブサイトをまとめました。この記事をご覧の読者ならすでに多くのウェブサイトをブックマークしているかもしれませんね。このほかにもおすすめがあれば、教えてください。

 

日本ファンドレイジング協会

みなさんご存知の「日本ファンドレイジング協会」のウェブサイト。同協会が主催するファンドレイジングのセミナー・講座情報のほか、「ファンドレイジング・ジャーナル・オンライン」は読みごたえがあります。「ファンドレイジング・ジャーナル・オンライン」の一部の記事は協会会員のみの公開です。

 

ファンドレイジング・ラボ

私もラボの仲間になっています。「3分間ファンドレイジング講座」は常にチェックしておきたいコーナーです。ファンドレイジング・ラボ代表の徳永洋子さんのファンドレイジング実用書「非営利団体の資金調達ハンドブック」が、3月上旬に時事通信社から出版される予定になっています。

 

PubliCo

非営利組織マーケティングのコンサルティング実績が豊富なPublicoのウェブサイト。Publicoジャーナルは米国NPO情報が日本語で読める貴重な情報源です。代表の長浜洋二さんの「長浜ブログ」も読み応えあり。

 

CAMPFIRE ACADEMY|クラウドファンディングの教科書

クラウドファンディング・プラットフォームCAMPFIREが運営するウェブサイト。クラウドファンディングの教科書という名の通り、クラウドファンディングの準備・運営・集客のノウハウが充実しています。クラウドファンディングに限らず、NPO/NGOが日常的に取り組むファンドレイジングにも参考になる情報が盛りだくさん。

 

NPOのためのデザイン

サイトを運営する林田全弘さんはNPOや中間支援組織のパンフレットやロゴ、チラシなど、延べ40団体100件以上の広報物を手がける猛者です。小さいNPOでも、すぐに、お金も時間もかけず取り組める広報アイディアがゴロゴロ見つかります。

 

AdGang

海外・国内のお洒落でナイスな広告・クリエイティブの事例データベースです。お金をかけた広告・クリエイティブだけが良いものでないということが、このウェブサイトを見ているとわかります。低予算、アイディア勝負の広告・クリエイティブも紹介されています。特にIndustryのなかの「環境/エコ」「非営利組織/非政府組織」のカテゴリーは必見です。

 

ファンドレイジングのレシピ

ごめんなさい。最後に自己PR。いまご覧になっているウェブサイト「ファンドレイジングのレシピ」のブックマークもなにとぞお願いいたします。

 

過去にご紹介したウェブサイトのまとめ記事は以下になります。

クラウドファンディングを始める前に読んでおきたい記事

2017.02.02

NPO/NGOもコンテンツマーケティングの時代

2017.01.19

動画が印象的なウェブサイト13選

2016.12.09

無料でプレスリリースを配信・掲載できるウェブサイト6選

2016.10.17

NPO/NGOなら使いこなしたい情報サイト

2016.10.03