「秋」をニュースに活用する

「秋」にはさまざまな冠ことばが付きます。

たとえば、

スポーツの秋、食欲の秋、実りの秋、読書の秋、芸術の秋などなど。

非営利組織にとっても、これらの「秋」をニュースに活用しましょう。

国際協力の秋

10月6日は「国際協力の日」です。また国際協力の日から1週間は国際協力週間です。

お台場ではこの記念日に合わせて、日本最大級の国際協力イベントである

グローバルフェスタ(2016年は10月1日、2日)が開催されます。

 

ボランティアの秋

秋は行楽シーズンでもあります。外出するにはちょうどよい季節です。

イベントやボランティアへの参加を呼びかけるタイミングにもなります。

「ソーシャル・レジャー」のように新しいネーミングで、イベントやボランティアを

レジャー化するのもありかもしれません。

 

ソーシャル・スタディの秋

「学問の秋」ももちろん非営利組織にとって活用できます。

セミナーや勉強会などレジャー化しづらいイベントは「学問の秋」として。

ただ、学問と言うには・・・ちょっと、と思う場合には、

ソーシャル・スタディと言ってみましょう。

 

感謝の秋

夏にはすでに寄付キャンペーンを実施済み、

また、年末年始に向けて寄付キャンペーンを企画している団体も多いことでしょう。

でも次のキャンペーンの前に、これまで支援していただいた方に感謝を伝える季節があっても

いいのではないでしょうか。

 

○○の秋を活用して、

想いや活動をどんどん伝えていきましょう。

お気軽にお問い合わせください。

ファンドレイジング・コーディネーターは、ファンドレイジング担当者や広報担当者と一緒に解決策を考えて、一緒に汗をかく仕事です。戦略や計画づくりにとどまらず、実務まで支援いたします。そして、目標達成の喜びまで含めてコーディネーションしたいと考えています。NPOやNGOの広報・ファンドレイジングに関する研修会・勉強会・講座の講師依頼もお受けしています。お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。